topics

記事

2022.05.31

【間取りの考え方】ちょっとした空間をこだわりスペースに


マイホームには自分のホッとする居場所がほしいものです。

部屋まではとれない少しのスペースをアイデアしだいでこだわりスペースに変えれます◎

プラスαでできる空間、実例をご紹介します。

□男女では居場所の考え方の違いがあります。

女性は家族や友達が集まるリビングやキッチンに関心が高く、

男性は書斎やガレージに関心が高いです。

女性はみんなで集まってワイワイ結びつきを感じるスペースでストレスを解消したり、つながりを求めます。

男性はおしゃべりなどせず、じっと問題を考えようとする傾向があるため、書斎など考えるスペースを確保したいのです。

女性は家のどこでも自分の居場所にしやすく、子供は子ども部屋、住まいの中で男性の居場所がないのです。


□ちょっとしたスペースを居場所に 実例をご紹介します。

・リビングに多目的な机を置く

子供の勉強スペース、パソコンコーナーなどに使える。

廊下に書斎をつくる

 廊下の幅を広めにとって机、本棚を設置。

・アトリエに休息コーナーをつくる

 天井を高くして、中2階に仮眠できるスペースに。

小さな博物館をつくる

 壁の厚さを利用して、写真や小物を並べて飾る。

・小屋裏・階段下を活かす

 暑さ対策をしたうえで、隠れ屋的な書斎として使える。



□まとめ

プラスαスペースは書斎だけでなく、家族の趣味スペースや憩いの場としても活用できます。

平屋モデルハウスでは暮らしに役立つプラスαの空間づくりを見ていただけます。

ぜひご来場いただき、参考にしていただければと思います。

ご予約お待ちしております。