topics

記事

2022.05.20

【内まわり】多目的に使える部屋 和室 =前室=

住まいの希望や部屋数を聞くと、「和室をつくりたい」という話がでてきます。

和室をどんな使い方をしたいですかと聞くと、「何かあった場合にどんな使い方でもできるから」と答える方が多いです。

どんな使い方、多用途で使える和室について注目したいと思います。



□どこにどのように和室を設けるかで使い方が変わります。

・リビングの隣に和室を設ける

  扉を開けて、リビングと繋げてひと続きの広いリビングへ (リビングとしての機能)

  扉を閉めて、独立した部屋 おもてなし空間へ (本来の和室としての機能)


・リビング内に畳コーナーを設ける

  気軽に横になったり、くつろげるスペースに

  段差をつけることで、座れるスペースに


・ダイニングに繋げる

  ダイニングテーブルを畳コーナーまで伸ばすことで

  畳に座ることも椅子に座ることもできる どちらの良さを味わえる◎


□和室にもう一つ機能を追加◎ 前室としての使い方。

前室とは玄関と主室(リビング)を繋ぐ箇所をさします。


リビングとしての使い方、和室としての使い方はもちろん、

玄関と繋がる場所だから、気軽にお客様を部屋に案内できます。

また、お花や小物など季節にあったものを飾る、玄関スペースとしても利用できます。


玄関からみたリビング。

場合に合わせて建具で仕切り、使い分けることができるのが嬉しいですね。


□まとめ

どこか懐かしい、落ち着く空間の和室。

どのように使いたいか考えた上で間取りにいれてみてくださいね。