岐阜市の建築設計事務所

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋を検討中の方へ!子供部屋の間取りのポイントを解説します

平屋を検討中の方へ!子供部屋の間取りのポイントを解説します

平屋をお考えの方はいませんか。
お子さんがいる方の中には、子供部屋の設置を考えている方もいますよね。
しかし、子供部屋の間取りをどのように考えれば良いのか分からない方は多いのではないでしょうか。

この記事では、子供部屋の間取りを考える際のポイントについて解説します。

□子供部屋の間取りのポイントとは

ここでは、子供部屋の間取りの基本的な考え方について解説します。
まず、部屋の広さは最低でも5帖はあった方が良いでしょう。

部屋の広さは家具の量や配置によって決まる場合があるため、家具を置くスペースが必要になります。
シングルベッドや机などを配置すると6帖程度になるため、部屋だけの広さは6帖が目安だと覚えておきましょう。

子供が小学生までは、学校から帰宅後はダイニングに行っておやつを食べ、宿題などの勉強場所として習慣づける親が増えています。
ここで大事なポイントは、ダイニングテーブルが机と兼用になることやそこまで導く動線です。

子供2人が勉強道具を広げられるよう、少し大きめのテーブルを用意すると良いでしょう。

玄関から子供部屋までの動線もしっかり考える必要があります。
親が子供に気付かずに、子供が2階の子供部屋まで直帰できない間取りにすることが大切です。
リビング内に階段を設置すると、子供とのコミュニケーションは自然と増えるでしょう。

また、子供部屋の作りにも注意する必要があります。
快適すぎる贅沢な子供部屋を作ってしまうと、子供は自分の部屋から出てこなくなってしまいます。

親子のコミュニケーションを積極的に取るために、快適すぎる部屋は作らないよう気を付けましょう。

□おすすめの間取りとは

ここでは、子供部屋のおすすめの間取りの例を紹介します。

*リビングに子供部屋がある間取り

最近は、リビングで宿題などをする子供が増えています。
そのため、ダイニングテーブルをそのまま子供用の学習机として使わせている方は多いのではないでしょうか。

しかし、そのような場合だと子供の勉強時間に制限をかけてしまう可能性がありますよね。
そのため、学習スペースをリビングに設置すれば、子供は自由に勉強できますし、親も見守りやすくなります。

*ロフトに子供部屋がある間取り

ロフトは他の部屋と違って仕切りが無く、他の部屋から見えることが特徴です。
そのため、専用のスペースを保ちながら外から見守れるロフトは、子供部屋に最適と言えます。

また、ロフト内は少し変わった空間ですので、子供も楽しんで生活できるでしょう。

□まとめ

今回は、子供部屋の間取りのポイントやおすすめの間取りについて解説しました。
子供部屋の間取りを考える際は、部屋のスペースや玄関からの動線を意識してくださいね。
平屋の購入をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地の3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求