岐阜市の建築設計事務所

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋をお考えの方へ!収納の間取りのポイントを解説します

平屋をお考えの方へ!収納の間取りのポイントを解説します

平屋をお考えの方はいませんか。
住まいの中で、収納は日々の生活に欠かせないものですよね。
収納の間取りを適切に決めることでモノの出し入れが便利になって、生活はより快適になります。

この記事では、収納の間取りの失敗例や収納スペースを考える際のポイントについて解説します。

□収納のよくある失敗とは

ここでは、平屋の収納で失敗することの多い例を紹介します。

平屋の収納のよくある失敗として、まず間取りが使いにくくなってしまったということが挙げられます。

平屋にたくさんの部屋を作ろうとすると、どうしても狭い空間になってしまいます。
逆に、オープンな空間を残しすぎると、プライベートを確保しづらくなるため注意しましょう。

平屋の間取りを考える際は、生活スタイルに合った間取りをイメージすると良いですよ。

収納が多すぎたり少なすぎたりして失敗することも多いです。
二階建ての住宅に比べて、平屋は収納スペースが限られています。
荷物は知らぬ間に増えていくものですので、できるだけ多く収納は設置しておきましょう。

ただし、収納スペースばかりで居住スペースが狭くなってしまわないよう注意が必要です。
収納を考える前に、家族がどれほどの荷物を持っているのか確認すると良いでしょう。

□収納計画のポイントとは

収納スペースの計画で大切なポイントは、収納量と収納に適した位置です。

収納量は各家庭によって大きく変わるため、ご自身の家庭の収納量に合わせて間取りを決めましょう。

ただし、収納スペースが多すぎると、むやみに収納物を保管してしまいがちです。
例えば、洋室をつぶして物置部屋として使用している方は多いのではないでしょうか。

荷物をため込みすぎないためにも、あえて収納スペースを多く作らないという考え方もあります。
そのあたりは、ご家族の性格に合わせて決めましょう。

収納量とは別に、何をどの位置に置くかということはしっかり検討しておく必要があります。

玄関に靴箱という当たり前のことではなく、例えばキッチン横に食品庫、玄関近くにコート収納庫など、便利で使いやすい収納の配置を考えましょう。

1人で全て考えるのは難しいため、ご家族とよく話し合って収納スペースの間取りを計画すると良いですよ。

□まとめ

今回は平屋の収納スペースの間取りを考える際のポイントについて解説しました。
収納の間取りを検討する際は、収納量と収納スペースの配置についてご家族とよく話し合ってくださいね。
平屋の購入を検討中の方は、お気軽に当社までご連絡ください。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地の3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求