岐阜市の建築設計事務所

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋は土地が狭いと建てられない?!専門業者が解説します!

平屋は土地が狭いと建てられない?!専門業者が解説します!

「平屋住宅を建てたいが、土地が狭いから建てられないかもしれない」
住宅をご検討中の方で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
実は土地が狭くても平屋住宅を建てられる場合があります。
そこで今回は、狭い土地で平屋住宅を建てるコツと、狭い土地に平屋住宅を建てる場合の注意点についてご紹介します。

□狭い土地で平屋住宅を建てるコツとは?

狭い土地で平屋住宅を建てる2つのコツをご紹介します。

1つ目のコツは、省略できるスペースをなくし、コンパクト化することです。
例えば、一般的な2階建て住宅であれば階段が必須ですが、平屋住宅の場合は2階がないため、階段のスペースを設ける必要がありません。
階段の途中に踊り場を付けたり、手すりをつけて幅を広くしたりするなどの工夫をする必要もありません。
そのため、狭い土地でも平屋住宅を建てられる場合があります。

また、トイレの個数も省略できるでしょう。
2階建てや3階建ての住宅であれば、フロアごとにトイレがあった方が良いと考える方も多いかと思われます。
しかし、平屋住宅の場合は、家族がよほど多くない限り、トイレは1つで十分です。
平屋住宅は、階段の昇り降りや段差がないため、トイレへの移動をおっくうに感じることも少なくなるでしょう。

2つ目のコツは、天井の高さを利用することです。
地域によっては、建物の高さが規制されているため、2階建てや3階建て住宅の場合は、自由に天井を高くできないことがあります。
しかし、平屋住宅であれば、天井を高くするオーダーをしなくても十分な高さがあることが多いため、開放的な住宅が作れるでしょう。
他にも、ロフトを置いたり、背の高い棚を置いたりできるため、収納スペースの確保ができるメリットもあります。

□狭い土地に平屋住宅を建てる場合の注意点とは?

このようにメリットが多い平屋住宅ですが、狭い土地に建てる場合は、十分な部屋数を確保できないことがあります。
特に、家族が多いのであれば、家族全員が個人の部屋を持てない可能性もあるため注意しておきましょう。
また、仮に個人の部屋が持てたとしても、十分な広さを確保できない場合があります。
プライバシーに関わる重要な問題なので、間取りを決める際には家族間でしっかりと話し合う必要があります。

□まとめ

狭い土地で平屋住宅を建てるコツと、狭い土地に平屋住宅を建てる場合の注意点についてご紹介しました。
住宅購入の際にご参考にしていただければ幸いです。
当社ではコンパクトかつ無駄のない設計の「平屋スタイル」の販売を行っております。
もしご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地の3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求