岐阜市の建築設計事務所

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋でプライバシーを確保する方法をご紹介します!

平屋でプライバシーを確保する方法をご紹介します!

「魅力的に感じるけれど、デメリットも多そう」
「プライバシーを守れるかどうか心配」
平屋についてこのように思っている方も多いでしょう。
そこで今回は、平屋のメリット・デメリット、プライバシーを確保する方法についてご紹介します。

□平屋のメリットとデメリットとは

*メリット

平屋の住まいは気軽に外に出れるので、自然を身近に感じられます。
すべての空間が地面に近いため、外に出なくても窓から外の景色や自然を楽しめるでしょう。
また、お茶や食事が楽しめるテラスを作ったり、お子様やペットが走り回れるような芝生を植えてみたりとさまざまな工夫ができる点も魅力です。
屋外で充実した時間を過ごしたい方におすすめです。

また平屋は階段がないため、車椅子で生活する方にとっても安心です。
地震や火災などの緊急時には、掃き出し窓から外に出られます。
いざというときに安心な点も平屋の特徴です。

*デメリット

平屋のデメリットは、プライバシーの確保が難しい点です。
1階部分しかない平屋は、道路や隣家からの視線が届きやすいです。
暮らしのプライバシーが守りにくいため、窓の大きさや間取りの設計には注意が必要です。

また、敷地のどこに家を建てるのかも検討しなければなりません。
玄関前に庭があると、道路から庭が丸見えになります。
道路側には建物を置いて、庭は外から見えないようにするなどの配慮をしましょう。

□平屋のデメリットの解決策とは

ここでは、平屋のデメリットであるプライバシーの確保について、外部からプライバシーを守るためのアイデアをご紹介します。

1つ目のアイデアは、住宅の形状を「コの字型」や「ロの字型」にすることです。
窓を内側に設けたり窓を高めに設置したりすることで、周囲からの視線を遮りながら光を取り込むことが可能です。

2つ目は、軒を深めに作ることです。
軒をしっかりと作ることで、隣家の2階から見下ろされる心配がなくなります。
家単体で考えるのではなく、隣家にも対応した設計をすることが重要です。

また、家庭内のプライバシーに関して、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。
そこで例えば、リビングと寝室を離した間取りにしてみてはいかがでしょうか。
リビングに人がいても寝室では静かに眠れるような間取りにすると、快適に過ごせます。

□まとめ

今回は、平屋のプライバシー確保についてのアイデアをご紹介しました。
平屋のメリットを生かしながら、デメリットも解決する方法は他にもあります。
当社は、平屋専門店として皆さまに末永く住んでいただける住宅を提供しております。
まずはお気軽にご相談ください。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地の3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求