岐阜市の建築設計事務所

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  平屋でシンプルなお家を建てませんか?間取りのアイデアをご紹介!

平屋でシンプルなお家を建てませんか?間取りのアイデアをご紹介!

マイホームを検討中の方の中で、シンプルな平屋を建てたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
平屋と聞くと、2階建てより居住スペースが少なくなるため、その分広大な土地が必要だと考える方がもいらっしゃると思います。
そこで今回は、平屋の最適な広さや間取りのアイデアについてご紹介します。

□3人家族に最適な広さの平屋とは

夫婦とお子さまの3~4人家族の場合に、最適な住宅の広さがどのくらいかご存じでしょうか。
国土交通省によると、3人家族に最適な住宅の広さは約100平方メートルとされています。
この広さであれば3LDKや4LDKの間取りが取れるので、3~4人で快適な暮らしができるでしょう。

また100平方メートルの平屋は、1つのフロアにコンパクトな間取りを設計しやすいと言われています。
シンプルな動線を設計して、水回りを1 か所に集めたり、居室をバランスよく配置したりすることで快適に暮らせるでしょう。

さらに同じ広さでも平屋と二階建てを比較すると、平屋の方が実質的には居住スペースが広くなる傾向にあります。
平屋は階段などが必要なく、その分のスペースを収納や居住空間に充てられるからです。
また2階にもう1つのトイレを設置する必要もないため、水回りを1か所に集中させやすいです。

以上より3~4人家族であれば、コンパクトな動線と必要最低限の設備を整えらえる100平方メートルの平屋が暮らしやすいと言えます。

□ダウンフロアリビングとは

平屋の間取りをどのように設計すれば良いのか分からないという方もいらっしゃいますよね。
ここでは、おしゃれな平屋を建てたいとお考えの方に向けてダウンフロアリビングをご紹介します。

家族が長い時間過ごす場所であるリビングは、開放的に設計したいですね。

ダウンフロアリビングは、床の一部を低くして段差を作る仕組みになっています。
この段差を利用すれば、ベンチのように活用できるでしょう。
特に大家族の方や、友人を招待する機会が多い方にとって便利なスペースとなります。
友人を招いてのパーティーや、ホームシアターなども楽しめるでしょう。

また、この段差部分に収納を設ければ、デッドスペースを少なくすることも可能です。
ダウンフロアを採用することで、平屋をメリハリのある空間へと変化させます。

□まとめ

今回は、平屋でシンプルな間取りをお考えの方に向けて、ダウンフロアをご紹介しました。
1段下げるというシンプルなアイデアですが、空間にメリハリが出てリビングの活用方法が広がります。
他にも平屋の間取りについて知りたい方は、平屋専門店である当社までお気軽にご連絡ください。

 

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地の3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求