岐阜市の建築設計事務所

058-248-5581 お問い合わせリンク

HOME  家づくりお役立ちブログ  オススメのリビング収納とは?平屋住宅をご検討中の方へご紹介!

オススメのリビング収納とは?平屋住宅をご検討中の方へご紹介!

「平屋には収納が少ない」
そのようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
しかし、平屋には快適な暮らしを実現する収納アイデアが多くあります。
そこで今回は、リビングの収納アイデアを、間取りを決めるポイントとともにご紹介します。

ぜひお役立てください。

□平屋の間取りで失敗しないためのポイントをご紹介します!

まず、平屋の間取りを決める際のポイントを3つご紹介します。
間取り決めで後悔しないためにも、この3つを理解しておきましょう。

1つ目が、家の奥まで光を取り込めるようにすることです。

平屋は、床面積が広く、高さがあまりないのが特徴です。
そのため、その広さや高さに対応して光を取り込めるようにしなければ、部屋の奥の日当たりが悪くなります。

大きな窓を設置する、中庭をつくる、L字型やコの字型の家にするなど、採光の工夫をしましょう。
また、窓を大きくする際はプライバシーを確保するのも大切です。
ブラインドやカーテンを活用しましょう。

2つ目が、家事動線をシンプルにまとめることです。

洗濯や掃除、料理の際の移動距離を短くすれば、効率的に家事を進められます。
家事動線をまとめるために、水回りは一か所にまとめることを意識しましょう。
水回りをまとめると、設備配管も集約されるため、工事費を安く抑えられるというメリットもあります。

また、水回りにあわせて収納や作業スペースもつくることで、動線がシンプルにまとまります。

そして3つ目が、収納を活用することです。

収納が使いにくい位置にあったり、欲しい場所になかったりすると、日々の生活のストレスにつながります。
生活動線を考えて、使いやすい場所に収納をつくりましょう。

□便利なリビング収納のアイデアをご紹介します!

次に、快適な暮らしを実現するためのリビング収納のアイデアを4つご紹介します。

1つ目が、畳小上がりの下を収納にすることです。
畳の小上がりは、ちょっとした腰掛けやお昼寝のスペースなど、多目的に使えます。
また、その段差を利用して引き出しを付ければ、床面積を使わずに収納をつくれるためおすすめです。

2つ目が、大型の壁面収納です。
壁一面に配置すれば、部屋に凹凸が生まれず、収納スペースを確保しながらすっきりとした空間にできます。
また、壁と柱にしっかり固定するため、地震による転倒の心配もありません。

3つ目が、大きな共有クローゼットです。
以前は各部屋にクローゼットをつけるのが一般的でしたが、最近では大きなクローゼットを家族で共有するのも人気です。
リビングと隣接する位置に設ければ、朝の支度もスムーズになります。

4つ目が、壁厚を利用した収納です。
室内の壁の厚さを利用すれば、ちょっとしたものを飾れる空間がつくれます。
もともと石膏ボードで塞がれるところを活用するため、床面積を利用しなくて済むでしょう。

□まとめ

今回は、間取りで失敗しないためのポイントや、リビング収納のアイデアをご紹介しました。
快適な暮らしを実現するためには、収納を工夫するのが大切です。
ぜひこの記事を参考にして、納得のいく空間をつくってみてはいかがでしょうか。

CONTACT お問い合わせ

土地探しから新築施工、リフォーム、住宅ローンまで住宅のことなら何でもお任せください。

篠田建設株式会社

058-248-5581

〒500-8152 
岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地の3

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求

篠田建設株式会社へのお問い合わせ・資料請求